読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金CFDトレード日記

2017年2月27日からのトレード記録

2017/3/9 トレード結果

日々のトレード結果

f:id:stygld:20170309220306p:plain

f:id:stygld:20170309220309p:plain

 

気持ちいいくらい逆に行ってしまった。

反省点としては、途中で「あぁこれ日足下ヒゲつけて陽線引けの展開だ」と思ったのに損切りできなかったことでしょうか。

ただ、場中ECBが4月以降資産買入額を800億ユーロから600億ユーロ減額、というニュースが入って「テーパリング=金安」と考えて判断が鈍ってしまった。

やっぱユーロと金ってあんまり関係ないかもしれないなぁ。このあとドラギ会見だが、発言を生で追えなくて値動きについていけないので、明日見ることにする。

明日は雇用統計。ADPでもう結果を先食いしてる感があるけど、まぁ日中は上下40pipsくらいの狭いレンジなんだろうなぁと予想しつつ、今日のトレードは終了。-22.3pips。

2017/3/9見通し

昨日のADP雇用統計はまさかの29万人増で一気に下げ加速、日足陰線3連発で下げ、トレンドがさらに明確になった。こうなると、1200台割れも時間の問題の様に思われる。

今日はECB政策金利の発表があるが、よっぽどのサプライズがないと金の値動きに影響しないので、素直に戻ったところで売りを狙う。今(21:00)が1204なので、1205ぐらいまで戻ったところで売りたいなぁ。

2017/3/8 見通し

日々の相場見通し

今日はADP雇用統計。もう3月の利上げが確実視されてて下げトレンド真っ盛りなのに、今更量産型雇用統計で相場が動くか?とも思うが、ここ最近の動きと違って、ちょっと早めの16時から下げ始めてる。とはいえ、20:30時点で70pips程度の値幅はそれほど大きくはないし、下値余地も十分ありそう。

 なお、2月の雇用統計も気になる。金曜の講演で、イエレン議長は、具体的に新規雇用者数について語っている。「月18万人増のペースは、長期的労働人口増加傾向とされる7万5千人から12万5千人を上回る」。それでも、緩やかな緩和ペースが続いてきたのは、インフレ率が、2%を「やや」下回るからだとする。

 3/6の「金のつぶやき」ではこのような指摘があった。7.5万人でも合格点だとしたら、よっぽど悪くならない限り得ドル高傾向に歯止めはかからないし、やっぱりしばらくはドル高継続何だろうか。

悪めの数値が出て、一時的に金価格が上昇したところで売りから入りたい。

2017/3/7 トレード結果

日々のトレード結果

f:id:stygld:20170307224236p:plain

f:id:stygld:20170307224241p:plain

22:25 1221.45S→22:40 1220.71TP

NYオープン明けで長いヒゲをつけたあと、陰線を連発したところで下げトレンド加速と見て売りエントリー。日中レンジ相場だったので、これをきっかけにNY株式市場オープンまでは下げが続くと思った。ちょっと粘って更に下げるかと思ったが、雇用統計前でレンジ入り懸念を考えて早期に利確。

3/7見通し

日々の相場見通し

今日は上下50pips以内の狭い値幅で推移している。先週のイベントを通過して、新しい材料というか起爆剤を待っている状態なのか。それでも雇用統計がそれになるかというと、利上げが確実視されてる中で、いかに雇用が増えたところで相場への影響は限定的のような気がする。

こういった状況下ではレンジ相場。日中安値ライン(21:35)なので、買いのタイミングを計りたい。

2017/3/6 トレード結果

日々のトレード結果

f:id:stygld:20170306225750p:plain

f:id:stygld:20170306225759p:plain

①20:25 1231.33S→21:25:28 1232.2SL

②22:29 1234.3S→22:54 1233.52 TP

1回目は1分足が陰線連発していたので、下げトレンドに入ったかと思ったが、

目を離したら一時的に本日安値をつけて、その後反転してしまった。

エントリータイミングは良かったが、スプレッドで30pips取られていて、10pipsではちょっと利が薄すぎるし、そうすると本日安値近辺で値動きの少ない時間帯のエントリーは失敗。

2回目は良いエントリー。22:35-40近辺で高値付けたら反転することが多いし、本日価格帯別出来高の上限にいたので、自信を持って売れた。下げ止まったところで買い戻したが、その後さらに下げが加速し、元々の利確ポイント近辺(1232.00)まで下げたのは残念。

本日はほぼ±0。レバレッジを限定しているのでメンタル面で救われてる部分があるような気がする。ある程度大きなロットで勝負してもこれくらい平静でいられるようになりたい。

2017/3/6 見通し

金曜日は下げ続けた後、NYオープン前で反転したものの、再び下落基調になり、1223近辺まで下げた後、イエレン議長の3月利上げに前向きな発言をきっかけに、利上げが織り込み済みだったことによるドル高の買戻しが入り、日足では長い下ヒゲをつけて陽線で引けた。

もう少し短めの4時間足では、下落基調を否定するような大陽線で引けたことになっており、10MAにもクロスしているが、週足では52週移動平均に押さえつけられたような形になっている。

ニュースとしては、北朝鮮によるミサイル発射があり、それを受けて地政学的リスクの高まりから円高傾向にあると思われる。

一時的に売り方による利益確定の上昇になったが、FRBの利上げ、比較的穏当な大統領演説、良好な米経済指標といったドル高金安の条件は整っているように思われる。
とはいえ、それでもイエレン発言後の買戻しは、今後ストレートにドル高がすすまない相場環境を表しているのではないかと思う。

ここはレンジ相場とみて、1236-1230のレンジ、ブレイクしたら即逆張りで臨みたい。