読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金CFDトレード日記

2017年2月27日からのトレード記録

3/30 結果

f:id:stygld:20170330214848p:plain

 

19:04 1249.31B→19:36 1250.72TP +14.1pips

レンジ下限近辺に入ったと見て買い。利確ポイントも良かった。レンジの場合、時間を問わずに安値圏に入ったら買い、高値圏なら売りというのを徹底するべきというのを痛感した。

5分足で見ると、レンジというのが分かりやすいかも。

f:id:stygld:20170330215422p:plain

 

この後、米GDPが確定値なのに上振れして金価格は大きく下落。

 

f:id:stygld:20170328231810p:plain

f:id:stygld:20170328232812p:plain

今回はトレード数の増加、建玉ボリュームに強弱をつけることをテーマにした。

1・2回目のトレードを早めに撤退したこと、3回目のトレードの利確を以前より粘れたことは評価したい。

5分足で見るとこんな感じ。

f:id:stygld:20170328233155p:plain

なんか、大きくなるレンジ幅にたまたまうまく乗れただけな気がする。

3回目以降はダウ平均見ながらのトレード。たまに起こる、ダウの上昇に金価格が反映されてないパターンにもうまく乗れた感もある。

総じて、損切りを早めにし、損切りポイント以上で利確が出来たことは良かった。あとは最後の回の建玉を分割してエントリーする技術に課題がある。

 

 

3/28 見通し

上下50pips以内の狭いレンジから、21時現在本日高値圏にいて、レンジをブレイクしそうな勢いがある。昨日ヒゲをつけて週足52MAに跳ね返されたところから、日足陰線引けがあっても良いような。ドル円110円割れも遠のいた感があるので、今日もショートで、22時以降に入りたい。

3/27 結果

f:id:stygld:20170328064615p:plain

f:id:stygld:20170328064621p:plain

2017/3/27 21:19 1258.03S→22:03 1259.37SL -13.4pips

週足52MAをヒゲつけて抜けた後に下落というのはトレード前に考えたパターンだったし、大外れではないにしても、タイミングが悪かった点は認めないといけない。

21:55の時点で一維持的に反転したところで仕切り直しても良かったが、眠くて寝てしまった。21:20より22:30の株式市場オープンの方がトレンドが出やすい?

日足では10MAからの乖離が目立つ。今日あたりは一服の下げがあるかもしれない。

3/27見通し

http://www.nikkei.com/paper/article/?b=20170327&ng=DGKKASGM24H3O_V20C17A3TCR000

先週20日のことらしいが、ちょっとこれはトランプ政権にとって苦しい展開になるかもしれない。これに加えて、週末にオバマケア代替法案撤回で指導力が失墜したことを考えると、数日はリスクオンには傾きづらいか。

そういったこともあってか、朝および10時に金は大きく上昇したあと、極めて狭いレンジに入っている。既に朝から140pips上昇していて、週足52SMAにタッチしていることから、上値追いには限界があるかもしれない。本日安値で下げ加速の展開と見て、ショートを前提にトレードに臨む。

3/27見通し

先週は、3連休・疲労・飲み会・シンゴジラスーパー銭湯とイベント盛りだくさんでトレードできなかった。

上昇する予想は合っていたが、週の後半にトランプ政権のオバマケア代替法案を巡る混乱がリスクオフの流れを加速するかと思いきや、金価格は下落した。

全体的なマーケットの流れは、昨年から続くトランプ政権への期待感が剥落しつつあるように思われる。だからといって素直に金価格が上がるかというと木金の動きを見てると疑問符がつく。

来週は米GDPの発表があるが、確定値なのでそれほどインパクトはなさそう。日足では1250あたりがレジスタンスになって、もみ合いの展開が続くかもしれない。レンジ相場は苦手だが、日中高値更新後の売り、安値更新後の買いを心がける。

 

3/20週見通し

先週はFOMC、オランダ総選挙、G20とイベントが目白押しだった。FOMCは予想どおり利上げしたものの、利上げペースの加速が否定され、オランダ総選挙では極右政党が第一党を取ることはなかったものの、はっきりとした勝者がいない結果になった。

オランダの総選挙は極右が大躍進でもしない限り材料にはならないので、マーケット的には中立で、やはりFRBの利上げが年3回にとどまりそうというのが材料になったようで、3月に入ってから下げ続けていた金価格は1195辺りで一旦下げ止まり、1230を超えるところまで上昇した。

また、週末のG20では、為替に言及することはなかったものの、「反保護主義」という文言が共同声明から削られ、今後の国際協調に不安を残す結果になった。

こうしたことから、来週からの金価格は上昇するように思える。週足では52週移動平均の1257を再度試す展開が予想される。日足では10MAが下を向いているが、上昇が続くにつれて上向いていくと思われる。

先週は7トレード、-13pips。金曜日にNYオープン前に2連敗したのが痛かった。また、エントリータイミングは良かったが、利確に課題を残す結果になった。

来週はNYオープン後のトレードを意識し、10pips以上の利益を狙っていく。